サイドバー

「関連リンク」は折りたためます

ゼロから話せるフィンランド語『CD付 ゼロから話せるフィンランド語』 (2007年10月に三修社より出版),好評発売中です。フィンランド語の自習書として活用するために,学習内容の提示の順番や文法事項の配列を工夫したつもりです。サポートページ では,関連情報や訂正,練習問題を公開しているほか,直接コメントをお送りいただけるフォームを用意しています。

Googleでサイト検索

フィンランド(語)関連リソース

古い情報 を整理&アップデート中です。

サイト内コンテンツリスト

以下のリンク集もどうぞご利用ください。

お知らせ

夏期フィンランド語勉強会「初級文法のポイントを整理しよう」を開催します。 [2017-08-10 更新]

開講日時:
2017年8月23日(水)~24日(木) 9:30~15:00 (昼休み休憩をとります)
概要:
フィンランド語の初級レベルの文法的特徴と習得のポイントを整理します。文法項目と構文との関係を意識しながら、よく使われる語彙を用いた表現を重点的に練習します。
場所:
麗澤大学生涯教育プラザ棟3階ネットワーク研究室 [Access]
申し込み:
8月22日(火)までに千葉に参加の旨ご連絡ください。定員10名程度まで先着順に承ります。
参加費:
無料
プログラム:
  1. フィンランド語の発音とリズムの基本
  2. 階程交替(1):リズムとの関連 (量的交替の基本)
  3. 語形変化(1):膠着語としてのフィンランド語
    • 動詞の変化の枠組みとしくみを整理しよう:人称変化,テンスとアスペクト(現在・過去・現在完了・過去完了),モダリティ(条件法・命令法),ヴォイス(能動態・受動態)
    • 名詞類の格変化のしくみを整理しよう:文法格と6つの場所格,それ以外の重要な格(様格・変格・欠格)
  4. 語形変化(2):「格」と意味 フィンランド語の格と日本語の助詞を対比しよう
  5. 語形変化(3):屈折語としてのフィンランド語―「語幹」を理解する―
    • 動詞の人称変化パターンの基本分類(Ⅰ~Ⅴ)
    • 名詞類の格変化パターンの全体像をつかもう
  6. 階程交替(2):語形変化パターンとの関係 (量的交替と語形変化,質的交替と量的交替)
  7. オンライン辞書の使い方を確認しよう お疲れさまパーティー(参加は任意です)

フィンランドへの近道

一般情報・リンク集

その他,お気に入り

フィンランド語学習サイト

  • A Taste of Finnsh (Leila White & Taija Udd (旧姓 Nieminen)): ヘルシンキ大学が公開している10課 (+フィンランド語の導入と文法解説)からなるフィンランド語の初学者むけ教材。もともとは EU の WELCOMEプロジェクト (2001–2003) で構築された教材とのこと。(ヘルシンキ大のページにはフィンランド語によるサイト紹介ページがあります。) [2015-11-25追加; 2015-12-07更新]
  • Suomen kieli sanoo tervetuloa *WordDive (日本語 | 英語 | フィンランド語 ... 合計8言語でページが閲覧できる) という「くり返しtoisto」練習に着目した新しいメソッドに従って作られた教材集。(制作者の一人 Tapani Möttönen によるブログ記事。)
  • Tavataan taas! (Marjukka Kenttälä & Jan Wagner): フィンランド語の初級学習者向けオンラインコース (英語)。フィンランドとフィンランド語に関する入門になっている。
  • Mun Suomi (私のフィンランド) フィンランド最大の放送局 YLE (Yleisradio) が提供する移民向けのフィンランド語教材。フィンランドに関する基本情報,5人の移民の語り,公共サービスに関する情報,Selkouutiset の紹介リンクがある。
  • Asiointisuomea (やりとりのフィンランド語) フィンランド最大の放送局 YLE (Yleisradio) が提供するヨーロッパ言語共通参照枠A2.1とB2.1レベル(教材ごとにレベルが明記されている)の学習者向けの自習教材。9つの場面に応じたビデオ教材とその転写(ビデオに出てくるフィンランド語は話し言葉),各種課題がある。
  • Supisuomea (Sini Sovijärvi): フィンランド最大の放送局 YLE (Yleisradio) によるはじめてのTVフィンランド語講座のウェブページ (2003年制作・公開)。番組のスキットを閲覧できるほか,各課には穴埋めや選択式の練習問題や聞き取り練習問題(音声つき)がある。また,簡単な語彙集も公開されている。
  • Uuno (タンペレ専門大学 (AMK) Tampere University of Applied Sciences): 「フィンランドの言語と文化」導入教材オンライン版。1と2があり,1のほうが易しい。
  • Oneness City, Finland (リトアニア ビリニュス大学 Vilnius University): EU の Oneness プロジェクト (On-line Less Used and Less Taught Language Course Project) で2008年に制作・公開された教材。10課からなる Language School でフィンランド語の基礎が学べる。モバイル版はない。

フィンランド語に関する情報

フィンランド語を学ぶための情報

フィンランド(語)文学に関する情報

フィンランド語オンライン辞典

オンラインで読めるフィンランド語の新聞・ニュース

  • Helsingin Sanomat フィンランドの新聞の中で抜群の購読者数とページ数(!)を誇る。Webで配信される最新記事 Uutiset英語による記事ダイジェスト,および 週刊の付録 NYT の電子版 は無料で閲覧可能。Juba による人気の連載漫画 Viivi ja Wagner も2001年から最新のものまで無料で見られる。朝刊記事の電子版 (näköislehti) が閲覧できるのは有料で契約した購読者のみ (購入についての詳細は こちら を参照)。初級-中級学習者には読解は難しい。Arkisto (アーカイブ) による過去の記事の検索が可能(単語の基本形を入れると変化形を含む記事も探してくれる)だが,検索結果の閲覧は原則有料で,登録が必要。
  • Helsinki Times - News from Finland Helsingin sanomat の配信する英語ニュース。
  • Selkouutiset (Selkokeskus) selkokieli「明快なフィンランド語」で書かれた新聞。隔週発行。記事を読めるほか,朗読された音声をオンラインで聞ける。最新記事は Uusimmat uutiset (最新ニュース) で,2001年3月以降の主要記事は Uutisarkisto (ニュースアーカイブ) で過去4号分の記事を閲覧できる(音声も配信されている)。なお,以前は新聞と一緒にカセットテープも注文できたが,現在はWWW上でのみ配信されている (各記事の KUUNTELE というリンクをクリック)。印刷された新聞を定期講読することもできる (海外購読で2010年10月現在34ユーロ/年と安価)。印刷された紙面の 電子版 (näköislehti) も公開されているが,閲覧にはユーザ登録が必要で,現在アカウントが取得できるのは国内のユーザだけのようだ (2007年12月29日現在)。
  • YLE Selkouutiset (YLE) フィンランドの大手放送局が配信する「分かりやすいフィンランド語」selkokieli によるニュース。毎日配信。ポッドキャストもあり。
  • Tosi helppoja selkouutisia (YLE) Selkouutiset よりさらに簡単なフィンランド語で書かれたニュース。
  • 最新ニュース (英語 | フィンランド語 | 日本語) (駐日フィンランド大使館) ニュースレターはメール配信も申し込めます。

フィンランド語をPodcast

教育・研究関連

フィンランド語コーパス (研究用言語資料)

  • [FI] The Language Bank of Finland: CSC (Tieteen tietotekniikan keskus, Finnish IT Center for Science) が提供する言語研究者むけサービス。各種フィンランド語データを含む。専用のコーパスサーバのほか,WWWインターフェース (www-lemmie) での検索も可能 [ 解説 ]。利用は申請が必要。 [Facebook]
    • Korp オンラインで使えるコーパス検索インターフェース。2015年11月5日現在,355種類のコーパス (55.3G words = 55.3億語!) が検索可能。
    • FU on KorpFenno-Ugrica on Korp フィン・ウゴル系の少数言語10言語のコーパス (8,654,289語1,022,767文) がオンライン検索可能になった。「Other Languages」から「Fenno-Ugrica」コーパスを選択する。 [2015-11-25]
  • [FI] Kaino - Kotuksen aineistopalvelu: フィンランド内国語センター Kotimaisten kielten keskus のフィンランド語資料のオンライン検索サービス。2006年12月15日より公開が始まった。特に古いフィンランド語,方言資料が充実している [ 所収資料概要 ]。例えば 現代フィンランド語の語形変化情報つきの語彙リスト (Nykysuomen sanalista, Version 1, 2006年12月公開, 総語彙数 94,110) は GNU LGPL (Lesser General Public License) および EUPL (European Union Public Licence) v.1.1 で公開されている。

研究助成・評価関連